そのまんまたろうのブログ

そのまんまこそ本物だ。自分のそのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

Sonomamma Taro no Blog

そのまんまがあるだけ。そのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

【おむすびinterview】 柴田涼さん

f:id:taroshio:20190718204605j:plain


 
 今回のおむすびインタビューは、僕が静岡に帰ってはじめて仲良くなったお友達の、柴田涼さん(以下、涼君)にインタビューをさせていただきました。涼君も僕も高校まではサッカーに打ち込んでいたこともあり、小学校の時から顔見知りでもありました。今このような形でつながっていることがとても不思議だなと感じています。

 

あらためて涼君は現在、日々どのような活動をされていますか?
 仕事は社会福祉協議会で働いています。また、週末などは静岡2.0 (*注1)という団体活動をしたり、竹プロ(注2)の活動などをしたりしています。

 

どのような過程を経て、現在の職業につかれたのですか?
 大学卒業後は、ある会社で営業をしていたのですが、1年で転職をして、今の職に就きました。1年目の会社はとても忙しく、毎日残業でしたし、かなり労働環境が過酷でした。そういった環境で働く中で、だんだんと自分がやりたいと思っている活動をする時間もとれなくなり、精神的にもイライラしている毎日でした。そういったことから、体も壊してしまいました。

 

その体験を今ふり返ってみて、どのように感じますか?
 そんな自分の体験から、「ブラック企業や、労働時間、労働組合、過労死」のことなども学び始めました。学ぶ中で、そういった問題は、自分だけじゃなくて、もっと苦しんでいる人もいるんだということにも気づきました。そのことを今も忘れたくないと思っています。また、何が社会にとって大事なのだろうか?ということをみんなでおさえていかなければいけないと思っています。それは簡単なことではないのかもしれないですが、自殺者が多いとか、そういったサインがもうたくさん出ているのだから、もっと真剣に受け止めていかなければいけないように思います。

 

今の涼君はそういった問題とどのように向き合っていきたいと思っていますか?
 労働問題だけでなく、今の社会にはたくさんの問題があります。今の自分は、社会福祉協議会で働いていることもあり、地域の現状をつかめる立場にいると思います。これから地域の中に一人暮らしも増えていくでしょうし、孤立する人も今よりも増えていくように感じています。そういった問題に対して制度や政策にアプローチしてくことも大切だと思っていますが、自分としては違った角度からのアプローチもしていきたいと思っています。今、静岡2.0という活動では、「ひろば」の活動をしています。既存の人と人のつながり方とは少し違う、バージョンアップ(2.0)したつながり方を模索していくなかで、自分自身も無理せず変化を生み出していけるようなやり方が、意外と何かが変わるきっかけになるような実感をもっています。

 

その活動をしていての手応えはいかがですか?
 本当に今の自分ができることは、微々たることだな。という自覚があって、そこに対して落ち込むこともありますが、この活動は、今の自分のきもちを落ち着かせることにつながっているようにも思っています。今は、精一杯ひろばをつくるイベントのために動いて、来てくれた人が笑顔になったらまずそれだけでもOkだと思っています。ひろばにきてくれた人たち同士が情報を交換し合う、その時点ですでに「変化」が生まれているのだと思います。

 

ひろばの活動をして涼君自身が変化したことはありますか?
 自分の悩みや困ったこと、興味のあることを、「誰か」にはなせること、はとっても大きな意味あることだと思います。ひろばには、恋愛で苦しんでいる人、家族のこと、就職のことなどで悩んでいる人、自分の興味のあることを誰かと共有したい人など、さまざまな人がいます。そういった人と話す中で、そういう人たちの暮らしている中での「実感」に想いを向けることが多くなってきたように思っています。ひろばにきてくれている人たちみんなに、それぞれ起きていることがあって、感じていることがある。そのひとりひとりの「実感」を想像するようなりました。見ている世界はひとりひとり違いますし、その人たちひとりひとりの感情を、ほんとうに大事にしたいと思っています。 

 

最後に、これからについて教えてください。
 これからも、そういったひろばの活動をやっていけたらいいと思っています。ただ、ここまで活動してきて、活動への充実感がある一方で、「自分は本当に何を求めているのか?」という問いに対して答えが出せない自分もいます。だけれど、その問いを持ちながらも前向きに、今の自分ができる、このひろばの活動をやっていこうと思っています。

(2019/6/23 インタビュー)

 

 

f:id:taroshio:20190718204937j:plain


注1:静岡2.0 「被災する前に、できることをしておきたい」その気持ちから生まれた団体です。レジリエンスな静岡(しなやかに復興する静岡)を目指します。

注2:竹林再生プロジェクト大内
清水区大内にある、地域の里山に蔓延る放置竹林を整備することを目的とした有志団体。

 




宮沢賢治読書会のまとめをイサミ(木下先生)がケンジ流に描いてくださいました。

f:id:taroshio:20190716125134j:plain



木下先生と近所の大学生とはじめた読書会
3回目にわたって「宮沢賢治」を取り上げました。

第3回目の最終回は、それぞれが宮沢賢治から学んだことを発表しました。
その発表のまとめをイサミ(木下先生)が書いてくださいました。

--- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- ---

読書会 春編(4−6月)
宮沢賢治 読書会の前回 6/23のまとめをケンジ流に描いてみました。

 

イクノのハナシ

イクノは3回のまとめとして「読書、しかも本を手にとって、身体で感じ取る読書のススメ」を力説した。一見、宮沢賢治とどう関係するか、イサミは心配になるが、さらに熱気を帯びてくる。「カンカクに関する情報、ページめくる感覚、 重さ、紙が古くなるにつれて、木に近くなって、劣化して本特有の匂いはスマホ、電子図書と違う」と。「目が疲れないし、長く読んでいられる」と実物の本の援護射撃は続く。「本は心の避難場所デス」と。???オヤオヤ、ナンダロー?「イバショガナイ人が増えている。自分の世界が狭まってくる」と。

 するとイサミはちょうど読んだ新聞記事を思い出した。「非正規雇用で貧困状況の若者が、『ジブンがコウナッタのは自己責任』とアキラメ、才能や能力ある人が国を動かし当然と今の政権を支持している」という記事だ。非正規雇用が10年前に比べて7倍も増えて、働いている人の38%も占めるようになったのは今の政権が起こしたことはカンガエズ、目の前のジブンのイバショのアンテイを願うココロとなんか似たような。そうだ、イクノが好きな「やまなし」のふしぎな話しがなんかひっかかってくる。

 イクノは最後に「ココロのヨリドコロ、座標を固定するために本をヨメ!」とエンゼツした。

 

タローのハナシ

 タローは「農民芸術概論」から印象に残る言葉を紹介した。

「われらの前途は輝きながら嶮峻(けんしゅん)である」

ケンシュン???「山が高くてけわしいこと(さま)、場所」と辞書にある。

 タローは「耕さない」「持ち込まない」「草や虫を敵としない」という自然農の三原則を、自ら行なっている畑の写真などとともに見せてくれた。

 「エ! これがハタケ!!」と 荒れた土地みたいな風景に多くの人が驚くようなやりかた。たぶん周りから変な目でみられたりするにチガイナイ。

「自然農の畑では、どれだけ自然に応じられるか?ということが問われます。」とタローはしめくくる。草や虫もナカマとして考えるのは宮沢賢治のセカイ。

 でもいろいろ失敗も多いだろうし、収穫も多くないだろう。

 「まさにそれ、嶮峻(けんしゅん)。と同時に、その過程の一瞬一瞬がとても心満たされる時間だと感じます。」とタローはいう。あ、そうか、農業やりながら、草や虫と会話する、まさに宮沢賢治のセカイそのものだ。タローの「前途は輝きながら」をイサミは信じたくなった。

 

イサミのはなし

イサミは「カンバラはイーハトーブ」と話した。「シロツメクサの花の番号を数えていくと誰もがうたったり自由になれる広場にたどりつけるという『ポラーノの広場』は中尾羽自然公園のハラッパだ」と。レオーノ・キューストが散歩に連れて、はぐれてファゼーロと出会ったきっかけのヤギもいると。また、ダッチオーブンで何でもつくってくれる『注文の多い料理店』も時折、ハラッパに出現する。たしかに店主はやまねこみたい。

 イーハトーブは理想郷。19世紀末に流行ったユートピア思想が広がり都市と農村のよいところを兼ね備えた田園都市は近代都市計画の目標の姿だが、田園を失った大都市より、工場など働くところと田園がある蒲原の方が都市計画の理想郷に近い。

 蒲原をイーハトーブとしたならば、ケンジが描いたように、人も生き物も、電柱など生き物以外の物も人と会話したりと、人、生き物、物が通じ合うセカイ。イサミはこの古い建物のケヤキの柱などが語ってくるような気がするという。しかし人間より長く生きている建物、柱、梁などが重機で壊されている風景を時折見かける。そのイタミが伝わってくるようだと。だが話すことはできない、ケンジの物語だと子どもの方が物とも気軽に話している。子どもの方がそういう能力に長けている。

 子どもの声を聞き、子どもが主役のまちづくりをすすめたら子どもにやさしいだけではなく、みんなにもやさしい、そして環境にもやさしい持続可能なまちづくりになるのではと。そんなことできるのだろうか?

 「ぼくはきっとできると思う。なぜならぼくらがそれをいまかんがえているのだから」(ポラーノの広場より)。  

7月ふり返り①

◎やれないのではなく、やらないと決めている

6月の最終週は県外での宿泊での仕事があった。毎月1回は県外で泊まりがけの仕事がある。そのたびにらくだのプリント学習ができない。
そして毎日できていたプリントが、できない日を挟むことで流れが止まってしまう感覚がある。

宿泊だとどうしてできないのだろうか。とふり返ろうとおもうのだけれど、
どうしてできないのか?と問う以前に、
もう自分の中で「やらないでいい」という認識があるのだと思った。
一応プリントはカバンに入れて、持っていくのだけれど、
これは「できたらやろう」という感覚で、
いや、「できないけど持って行こう」という感覚で持っていっているのだとおもう。

そんな感覚でプリントを持っていくのだからできるはずがない。

そして、そんな自分の状況を受け入れずに、
「どうしてできないのだろうか?」
と問いかけても何も気づきは生まれない。

大切なのは、「できないけどプリントをとりあえず持って行こう」という感覚で、プリントを持っていっている自分がいること。
そして、それなのに「プリントができない」ということに対して、
「なぜできないのだろうか?」とか思ってしまっている自分がいるということを自覚することなのだとおもう。

「プリントができない」という事実はもちろん大切である。
だけれど、その前に自分が1枚のプリントをどのように扱っているのか?という自分に目を向けなければいけなかったようにおもう。

僕にとってこの1枚のプリントは日常に沿ってくれる1つのツールのように感じる。何気ない日常の中に埋もれてしまう自分自身を映し出してくれる。

だけれど、県外の宿泊は普段の生活の「日常」とは少し違ったものである。日常とは正反対の非日常とも言える。そんな認識を持っているからこそ、すこし自分にとっての「1枚のプリント」に対する扱い方も変わってしまっていたように感じる。

だけれど「プリントをやる・やらない」ことと、
日常とか非日常とかいうものは全く関係のないことであって、自分自身がひも付けてしまっていることなのである。

自分がうまく紐付けて、できない理由をつくってしまっているだけなのだろう。

因果関係はないのにもかかわらず、因果関係を勝手につくってしまうのだろう。しかもなかなかそれっぽい因果関係を。

今回のこの振り返りで、「事実をみる」という観点で見てみると、
「泊まりがけだとプリントができない」ということが現実的に起こっている面での事実である。

そして、「できないけど持って行こう」とか「できたらやろう」という実感は目に見えない事実である。

この目に見えない事実をいつでも自分自身が取り出せれば、自分を修正することができる。

自分に素直になるということは、きっとそういうことなのだと思う。自分の目の前に実際に起こっている「事実」を正しく観る目と、目に見えない自分がどう感じているのか、何を思っているのかという目に見えない「事実」をどれだけ正しく確認できるか。

その2つの面での事実をみる目が大切だなとこのふり返りを書いて感じた。


◎6月の通信を出せなかった
毎月発行している「まなびおむすび」の発行が5月ごろから制作が遅れていて、どんどん発行が遅れて行き6月はかなり制作が遅れて出すことができなかった。

今回は6月号&7月号として発行し、どこかで6月号のかわりとなる発行をしたいとお思っている。

この通信が出せないという体験も1つのできない体験であり、自分としては情けない実感や落ち込む気分もあるのだけれど、一旦振り返っておこうと思う。

この通信の制作は必ず「ひとりにインタビューをして、インタビュー記事を掲載する」ということは決めていた。これがこの通信を発行をしていく中での僕にとって大きな意味を持つ決定事項なのだと感じる。

この「ひとりにインタビューをして、インタビュー記事を掲載する」という決め事がなければ毎月通信を制作して発行するハードルはかなり下がる。つまりできない体験がうまれないように思う。
制作が遅れてしまうのは、インタビューをさせてもらう相手をまず見つけることや、アポをとって実際にインタビューをして編集して記事にすることが僕にとってはハードルが高くなかなか時間がかかったり、うまくいかないことが多い。

だからこそ、日々誰にインタビューさせてもらおうかと意識をはったり(=この人はどんなこと思っているのか?どんな世界観で生きているのか?と意識する)、出会った人に、誰かを紹介してもらったり、、、、
通信の制作には、人とのつながりの作り方や、自分の意識を持ち方がすごく反映されていることがわかる。

もともと通信を発行しようと思ったきっかけは、名古屋でのつながりをこれからも継続できればという想いや、静岡に来てつながりがない中で、何かきっかけとなるツールになればと思って始めたことで、ただ記事を書くことができれば制作できるものだと思っていたけれど、自分の想像を超えて、さまざまな体験ができているように思う。

今回、この振り返りを書いて改めて思ったことが、この通信制作の一番外してはならない点は「ひとりにインタビューをして、インタビュー記事を掲載する」ということのように感じる。この決定事項はまずは自分が通信を発行「できる」「できない」に関わる1つの要因になってくれている。だからこそ、予定通りに通信が発行できなくても、この「ひとりにインタビューをして、インタビュー記事を掲載する」という自分との約束は大事にしていきたいと思う。


まなびおむすびのアーカイブをつくりましたので、もしよかったらみてください♩

taroshio.hatenablog.com

まなびおむすび アーカイブ


まなびのネットワーク まなびおむすびについてはこちらの記事に書いてあります。


《2019年1月号》 ←こちらをクリック
-おむすびinterview : 千葉大学教授 木下勇さん
-今月のkey word : 「やる気」
-おむすび文庫 : 「〜しなさい」と言わない教育 著:平井雷太 解説:加藤哲夫
-今月の考現学

《2019年2月号》 ←こちらをクリック
-おむすびinterview : 新成人のみなさま(山本さん・望月さん・大勝さん)
-今月のkey word : 「言葉」
-おむすび文庫 : 「15歳の寺子屋 ひとり 著:吉本隆明
-今月の考現学

《2019年2月号(特別号)》 ←こちらをクリック
-おむすびinterview : 「わたしたちの北星余市展」(静岡県立大学学生企画) 

《2019年3月号》 ←こちらをクリック
-おむすびinterview : 空遊庵 中西益彦さん
-今月のkey word : 「VAR」
-おむすび文庫 : 「僕は上手にしゃべれない 著:椎野直弥
-今月の考現学

《2019年4月号》 ←こちらをクリック
おむすびinterview : 静岡市蒲原児童館艦長 大沼正伸さん
-今月の特集 : 「屋久島」
-おむすび文庫 : 「星座」 屋久島の子どもたちの詩
-今月の考現学

《2019年5月号》 ←こちらをクリック
-おむすびinterview : 静岡県立大学学生 田邊佳穂さん
-今月のkey word : 「自己決定」
-おむすび文庫 : 「糸ばたかいぎ」連載コラム 〜原点「みんなのアトリエ」山梨で始めます。〜
-今月の考現学

6月のふり返り その①

◯6/3に中村教室に行きました
久しぶりに中村教室に行くことができました。教室では塾生のみなさんも数人みえられて、久しぶりに色々なお話をすることができました。

久しぶりに中村教室でゆっくり時間を過ごすことができてとてもいい時間でした。
教室にいくと、誰かがいてお話できる場が自分の日常の中にあるということは
とても大切なことなのだと改めて感じました。

やはり自分ひとりだと、自分の枠から抜けることは難しく、
他者の存在はとても大きな存在だと思います。

中村教室でも、誰が教室に来るか分からない中で、
誰かがきたら言葉を交わしたり、交わさなかったり、
他者の存在によって自分が動くということを改めて実感しました。

今の日常生活には、なかなか他者と何気なく対話がはじまる場はないですし、
(ないことの方が多いと思う)
なからこそ、自分がこの自分の生活圏でできることはあるように感じたし、
自分のためにもそういった場を開けるようになりたいという想いを改めて実感して中村教室を後にしました。


考現学を書き始めました
今回の中村教室で1つはじめたことがあります。
それは、日常で「書く」ということを始めました。下記のブログを立ち上げて、どんなことでも毎日「書く」ということをはじめています。

まなびおむすびの発行をはじめてから、あらためて僕「書く」ということを大切にしたいと感じています。
なかなか言葉にできなかったり、うまく話せなかったり、答えが出せない時に「書く」ということで自分自身が何より癒されたりしています。
だから、毎日書ければと思っていたものの、何か動き出せない自分がいたのですが、
今回中村教室に行き、井上さんのこれまでの考現学の実践や、
塾生の人が毎日積み重ねている実践の話を聞いたことで、
自分の中での「書く」ということの実践をしていこうと思っています。


◯時間を気にしなくなってきた
学習をはじめた時は、プリントのめやすの時間を結構意識していて、
プリントを解いている時に何度も時間を気にしていましたが、
今は時間を気にしなくなった自分がいるように思います。

それはなぜなのだろうか?と考えた時に、
「できるということ」の認識が自分の中で変化してきたような気がします。

この学習をはじめた時は、
時間内にできることが「できたこと」という認識だったので、

時間を意識して問題を解いていました。

でも、だんだんと時間を意識しなくても
時間内にできてしまっていることが「できること」なのだと思うようになってきました。
そして、時間内にできなくても「明日またチャレンジすればいい」というような感覚でプリントを取り組めるようになってきている気がします。

それは言い換えると、できない状態からできる状態になるまでを自分に委ねるようになったと言えるかもしれません。もちろん、できない状態の時は、「委ねる」という言葉にあるほど余裕な感じでもないのですが、その中でも「めやすの時間」との付き合い方を振り返ってみると、「頑張らずにできるようになってきた」ように感じています。






英語を話せるようになることってどういうことなんだろうか?

交換留学生が蒲原に来ています。毎年この時期に姉妹都市の町から
中学生〜大学生が数人蒲原に訪れます。
我が家は昔からホストファミリーの受け入れをしているので、
この時期には必ず英語を使う体験が訪れます。

今日はウェルカムパーティーで、
日本の中学生たちが学んだ英語を話している姿をみて、
英語を話せるということはどういうことなのだろうか?という
問いが僕のなかに浮かんだ。

そのテーマに関して書き始めたなかで、
僕にとっての「英語を話せること」は“他者に向けられた言葉でしかない”と感じた。(英語を話せることと読めることはまた違う)

英語を話せるということは、“何かを伝えるため”の手段のようなものだ。
一方で、日本語を話せるということはどういうことなのか?と考えた時に、
日本語の場合、「自分自身に向けられた言葉」として用いられることがある。
つまり、自己対話において日本語を使う。英語で自己対話をすることはないから、僕にとって英語を話すということは、他者のみに向けられた言葉なのだ。

これからますます英語を話せることが大きな力を持つかもしれない。
だからますます英語を話せるようになることが目的になりかねない。

だけれど、「伝える」ということの前に、
まずは自分が「伝えたい」という言葉を深めていくことの方が大きな価値があるように思う。(もしかしたら「伝える」ということは、誰かがやってくれるかもしれないし)

その「伝えたい」という想いは、自己対話のなかで深まっていくものなのだと思う。
そして自己対話は、もちろん英語ではなく日本語でするだろう。
そう思うと、自分の「伝えたい」を深めるための学びをしていくことはものすごく大きな意味を持つことなのだと感じた。
そのひとつとして、考現学は1つの学び方なのだと思う。

伝えるための能力は、
「伝えたい」という想いがなければその能力は生かされない。

そして、本当に「伝えたい」という想いを深めることができれば、
「伝えるため」の英語を自然と学んでいくのではないか。とも思った。

「伝えること」は自分以外の人でもできるかもしれない。
けれど、自分の「伝えたい」という想いは自分しか生み出すことができないんだ。


-- --- -- --- -- --- -- --- -- --- -- --- -- --- -- --- -- --- -- --- --

パーティーに参加していると、
英語が話せなくても、めちゃくちゃ楽しそうに関係性を築いている方たちを多くみます。
そういう人たちをみると、
人と人の関係性、つながり合いっていうのは

言葉を分かり合うことではないというような気もします。

昨日の考現学で書いたように、
伝わらない状況のなかでお互いが歩み寄ること、
お互いが分かろうと相手に耳を傾けること、相手の目を見ること、
そういうことが一番大切なんじゃないかということを
学ばせてもらった気がしています。


*昨日の考現学

こちらのページは今月オープンしました。これから毎日一言でも書くことをしていきます。今はスタートアップ時期なので、徐々にオープンにして毎日書くということのなかで学びを深めていけたと思っています。

5月のふり返り その2 

5/1-5/11の前回は、5日プリントができない日があった。
今回、5/12-5/25の期間は1日だけできない日があった。
プリントに取り組む時間帯も朝の時間帯にできるようなってきた。

◯前回のふりかえりを読んでみた
前回のふりかえりを読んでみると、前回までは記録表に結果を記入することも正確にできない状態だったようだ。その状態からすると、すこしプリントに落ち着いて向き合える状態になってきたように感じる。

◯中学3年のプリントに入った
幼児のプリントからはじめて、ようやく中学3年のプリントに突入した。毎日プリントにできない日もあるし、なかなかプリントに合格できない時もあるけれど、なんだかんだここまで進んできた。
そういう事実はきっと大きな経験になるように思う。

大体の学習は、いつまでにどこまでクリアさせるとか、どこかに目標やゴールを決めて進んで行くスタイルが多い。僕の小・中・高までの学習の経験を振り返っても、「いつまでにどこまでできるようになっているか」が決められていた。
そこに向かって学習を進めていった。

けれどこのらくだメソッドのプリントは、そういった進み具合の見通しがたてにくいように感じる。今、中学3年生のプリントに突入したけれど、学習をスタートさせた時は、こんなにも時間がかかるとは思っていなかった。
その時と同じように、自分が高校3年生のプリントをいつ頃までにできるようになるか?という検討はたてにくい。

それはどうしてか?と思うと、それは「できる」ということが基準にある学習だからだと思う。サッカーでも、この技術を習得するまでに、どのくらいかかるのか?ということの目安は立てづらい。いつまでたってもできない時もあるし、一瞬にしてできるようになってしまう時もある。
「できるようになる」ということは、きっとそういうことなんだと思う。

これまでは「わかる」という基準での学習が多かった。
だから学習の進捗具合もみんなで足並みそろえて進んでこられた。
でも、この学習は「できる」という基準の学習だということを改めて実感した。


◯観察量
らくだプリント1枚から、どれだけ気づきを生み出すことができるか?ぼくはこれまでらくだのプリントから多くの気づきをもらったように思う。
だけれど、ここ最近はあまり記事が書けていないという状態である。

それはなぜなのだろうか?

それは自分の観察量なのだと思う。観察量は意識をどのくらい向けているのか?ということとも言い換えることができるように思う。

このところ仕事のことでも、プライベートのことでも考えなければいけないことがあったりで、なかなか自分のなかに余裕がない。だからプリントに意識向けること。プリントを通して自分を観察する量が少ないのだと思う。

考えなくてもいい時に、考えてしまう。
意識をしないでいい時に、意識をむけてしまっている。

らくだメソッドのプリントが、どれだけ自分の状況を映し出してくれていても、
その映し出された現状を、自分が見つめなければ、見つめる余裕がなければ、
その事実は事実のまま過ぎ去ってしまうのだと感じた。