そのまんまたろうのブログ

そのまんまこそ本物だ。自分のそのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

Sonomamma Taro no Blog

そのまんまがあるだけ。そのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

小6-16 四則混合

小6-16 四則混合

 

小6-16四則混合の計算プリントに取り組んでいる。

このプリントには、以下の3つのメッセージがプリント内に書かれている。

 

「( )の中を先に計算する」

「途中式も書きなさい」

「足し算・ひき算より先にかけ算・わり算」をする」

 

これまでのプリントは、四則混合問題はなかったため、

初めて問題に取り組む子どもはきっとこのプリントで、

足し算や、ひき算を先に解いてしまったり、

( )を優先して解かず解いてしまったり、

そういうミスをするのだと思う。

 

僕はすでに四則混合問題を解いたことがあるし、

( )を優先して解かくことも、

足し算・ひき算より先にかけ算・わり算をすることも、

すでに分かっている。

だから、問題を初めて解いたとき、

この3つのメッセージを「流し読み」していた。

 

メッセージの意味は分かっていたのだけれど、

めやすの時間内でクリアすることが「できなかった」

 

そのとき改めて、このメッセージをしっかりと読んだ。

 

結局僕は、「分かっていたけど、できなかった」

そんな状態は、「分かっているとはいわず、実は分かっていないのではないか?」と思った。

 

なぜ時間内にできなかったのか?というと、

やはり、( )や、掛け算・わり算を優先して解くときに、

「迷い(本当にここを優先して解いていいのか?)」みたいなものが生まれる。

だから結果として時間をロスしてしまっている。

 

その状態は、果たして

・( )を優先して解くこと

・足し算・ひき算より先にかけ算・わり算をすること

 

を“分かっている”と言えるのかどうか。。。

 

“分かっている”という認識はとても曖昧で、

自分が「分かっている」と思っているだけなのだと思った。

 

そして、この「分かっている」という認識は、

僕の「流し読み」という行為の原因でもある。

 

このプリント内のメッセージを「読む」という行為は

情報を取り込む、認識するという行為である。

それは、「聞く」という行為と重なる点があるように思う。

 

そう思うと、「分かっている」という認識が

「聞く」という行為にも、かなり大きく影響しているように思う。

 

 

 

 

 

 

できない時間

時間が積み重なるだけで、

もうすでに、何物にも変えられない価値が生まれるように思う。

 

たとえ同じできないことであったとしても、

1年できなかった経験と、

10年できなかった経験とでは、

その時点で、まったく別のものであって。

 

できない事柄だけでなく、

できない期間ということもまた、

とっても大きな意味をもつ。

 

だから、たとえ今ができない時間の中にいたとして、

もうその時間の中にいるだけで、

できない時間が積み重なっているからこそ、

生まれるものがあるのだと思う。

スムーズにプリントに取り組めない。

最近、なかなかスムーズにプリントに取り組めない。

 
1日1枚のプリントの重みが、
今の時期はとっても重たく感じる。
なかなかスムーズに体が動かないでいる。
 
そんな状況が、
すごく長い間続いているように感じている。
 
らくだの学習を始めてから1年以上経つのだけれど、
プリントがスムーズに取り組めている期間もあった。
 
けれど、今はできない状況の中にいる。
 
そんな今の自分の状況がもどかしい。
 
以前はできていたことが、
今はできないということが、
どこかもどかしい。と思っていた。
 
もちろんプリントのレベルは少しずつ上がってはいるのだけれど、
プリントを「やる」ということが、
以前に比べてできていない自分に、
もどかしい気持ちがあった。
 
そんな過去の自分との対比や、
体が動かないもどかしさを感じていたのだけれど、
昨日、ふと心が楽になった。
 
1枚のプリントがスムーズに取り組めるか、
取り組めないか、というのは、
自分の日常生活全てが影響しあい関わってくる。
 
仕事はもちろん、人間関係や、体の体調など、
プリントに影響してくる要因=自分に影響してくる要因である。
 
プリントがスムーズにできないという現状は、
プリントへの意識、エネルギー、時間、
そういったもののバランスが、
かなり偏っているということなのだと思う。
 
ただそれだけのことである。
 
プリントがスムーズにできないことが、
過去との対比の中で、
自分の中で「よくないこと」という
認識に置き換えられてしまっていたように思う。
 
ここでの認識は、「ただスムーズに取り組めない」という、
ただそれだけのことなのである。
 
ここ最近の自分の現状を見てみると、
仕事や人間関係は、すごく前に進んでいることがある。
それは、自分自身がすごくエネルギーを使って、
丁寧に取り組んでいるからとも言える。
 
プリントになかなかスムーズに取り組むことができていないけど、
それ以外のところで、その分「何か」が生まれているということもまた言える。
 
けれど、こうやって何かにエネルギーが偏り、
何かを犠牲にして(ここではプリント)何かに打ち込むというのは、
この先どこかで壁にぶつかったり、
問題が生まれてくるように感じる。
 
また、自分の中では
そこにエネルギーを注ぐ「意味」を感じているところだけに、
エネルギーを注いでいたら、
結局、自分の枠はその「意味」を超えていくことはできない。
 
もちろんそれも大事なのだけれど、
今の自分には「意味」を感じないこと、
そういうところへ少しでも、エネルギーを注げたら、
もっと自分の意図をこえたことが起こってくる。
 
1枚のプリントから見えてくる自分を、
自分自身で消さないようにしたい。
長い期間もどかしい中にいれることで
見えてくることがある。
 
それは、やると決めたことから離れないこと。
決してプリントから離れないことなのだと思う。
 
 
決めたら「できないこと」が生まれてくる。
その事実の中に、自分にとって大切な何かがあると信じて、
できないもどかしさの中に居続ける。
 
その中から生まれる気づきや学びは、
自分以外の誰かには決して教えることができない、
自分だけの、自分にとって大切な学びなのだと思う。
 
 

「老い」について

お正月に、高校の初蹴りがあり、

久しぶりに体を思いっきり動かした結果、

翌日は全身がかなりひどい筋肉痛になった。

 

風邪をひいているわけでもないのに、

発熱してしまった。

 

インターネットで調べてみると、

ウェイトトレーニング後など、

筋肉痛がひどいと発熱を伴うことが多くあるということがわかった。

 

階段を上るにも、

歩くにも、体が痛くて、気分が自然と沈んでいく。

そんな筋肉痛に襲われている姿と、

久しぶりにあったおばあちゃんの姿が重なった。

 

おばあちゃんは、この数年で足腰が一気に弱くなってしまった。

 

心と体は繋がっている。

 

体が整えば、心も自然と整っていく。その実感はとってもわかる。

 

老い」というものは生きていれば、

決して逃げることのできない現象のように思う。

 

老い」によって体は弱まり、

体でも痛みを感じたり、うまく動かせなくなってしまうことが、自然と生まれてくる。

 

その「老い」のなかで、どのように自分の心と向き合っていくべきなのだろうか。

 

老い」を超えるような道があるのだろうか。

 

自分もいつかは「老い」を経験する。

その前に、僕の両親が先に、「老い」のなかにいつかは入っていく。

 

そんなとき、どうすれば相手を大切にできるか、

理解できるのだろうか。

 

そう思うと、「老い」に向き合うことは、

25歳の今からでも、早くはないのだと思う。

 

 

 

 

 

サッカーの美しさって?

 

昨日は、【STEP seasonⅤ】問いストーリー 〜対話ではじまる、これからの私〜

というイベントに参加しました!

 

イベント名にも「問い」という言葉が入っていますが、グループワークにて「サッカーの美しさってなんですか?」という問いから、さまざまな話が広がっていき、参加者のみなさんとさまざまな話ができてとっても楽しかったです!

 

** ** ** ** **

 

サッカーの美しさって?

 
僕はずっとサッカーをしてきた。
今もサッカーが大好きで、
サッカーの試合があればテレビで見ることも多い。
 
最近、サッカーを観戦していて思ったことを、
今日は書いてみようと思う。
 
久しぶりにサッカーの試合を見ると、
サッカーの判定に、ビデオ判定が導入されていた。
 
この制度の導入はかなり驚きで、
このビデオ判定を使ったスポーツは、
テニスくらいしか知らなかった。
 
この、ビデオ判定を見たときに、
すごく違和感を感じた。
 
ビデオ判定をすれば、
サッカーのルールにのっとった、
正しい判定が生まれる。
ルールを守り、ルールの上で、
正しい結果が生まれることは間違えない。
 
だからビデオ判定は、
ルールを守る上で大事な役割を果たしているのかもしれない。
 
けれど、これまでサッカーを親しみ、
サッカーを楽しんできた僕にとっては、
その制度の導入によって、
サッカーの楽しさが失われているような気がするのだ。
 
じゃぁ、僕は何にサッカーの楽しさを感じていたのだろうか。
絶対的な正しい結果が生まれることで
失われているものはなんだろう?と考えてみた。
 
** ** **
 
サッカーはミスが起こることが前提のスポーツであると思う。
手ではなく、足を使う時点で、
「うまくいかない」「できない」ことの方が多い。
 
パスだって、思った通りにできることの方が少なくて、
少しのズレも、周りがサポートしあって成り立つ。
 
だから、なんのズレもなく、すべてが完璧なタイミングで、
完璧なコースで、味方と呼吸があったプレーが生まれると、
それはすごく気持ちのいい気分になる。
 
きっと、サッカーの楽しさを支えているのは、
この「ミス」や「できないこと」という部分であって、
それを前提に、フォローし、支え合う部分なんだと思う。
 
** ** **
 
そうやって考えてみると、
僕にとってサッカーをより面白くしていることは、
「正しい結果」ではないということは確かだ。
 
ビデオ判定が導入される前までは、
審判のミスを、選手も、監督も、サポーターも
受け入れてきたのだ。
 
その、審判の間違えを受け入れてきたという事実は、
サッカーの楽しさの根底にある、
ミスを受け入れて、フォローしあうというところに繋がるように思う。
 
そしてその「受け入れる」ということは、
とっても優しいことのようにも感じられる。
 
サッカーの根底にあるものを
ミスも、できないことも受け入れるという「優しさ」だ ◯
 
 
** ** **
 
ルールはなんのためにあるのだろうか。
ルールはきっと手段にすぎない。
ルールを守ることが目的ではないと思う。
 
ルールはきっと、
サッカーをするプレーヤーが、
サッカーを観戦するサポーターが
サッカーを楽しむための手段にすぎない。
 
そして、サッカーの楽しさとはきっと、
ただ正確な判定から生まれる勝ち負けではなくて、
 
人間のミスや間違えを、受け入れながら、
試合を成立させるという敵・味方の共同の作業の上にある勝ち負けのように思う。
 
サッカーの根底にある「受け入れる」という精神が、
ルールを守ることにとらわれすぎることで、
失われてしまうような気がしている。

ちょっとした余裕

 

f:id:taroshio:20171129173051j:plain

 
小6-3/4 小5までの復習 めやすの時間 10分
 
小6-3に初めて取り組んだ日が10/22、
初めて合格できた日が11/2
小6-4に初めて取り組んだ日が10/24、
初めて合格できた日が 11/23
 
10月末から、11月末はなかなかプリントが合格できない日々が続いた。
そして、11月半ばにはプリント自体ができなくなった。
 
プリントが合格できないにもかかわらず、
プリント自体ができなくなるという経験は、
この学習を開始して、
はじめて起こったパターンだったと思う。
 
プリント自体ができなくなった期間というのは、
主催したイベントの2週間前になり、
準備のことで頭がいっぱいいっぱいになっていた期間であった。
だから、プリント自体ができないのだ。と自分の中で理由をつけていたのだけれど、
今こうやってそのときの状況を振り返ってみると、
そう決めつけてしまうのは、かなり強引だなという気持ちがある。
 
というのも、この仕事が忙しい時期に
小6-3/4のプリントでなかったら、
もしかしたらプリントをやっていたのかもしれない。
 
プリントがなかなか合格できない期間に、
「仕事が忙しい」という状況に直面した。
その状況を「プリント自体ができない」理由にしていたり、
「プリントが合格できない」という状況から目を背けるために利用していたようにも思う。
 
「できないこと」を見つめることは本当に難しい。
自分が「できないことと向き合うこと」を意識していても、
自分が気づかないうちに、自分で目を背けてしまったり、
理由をつけて、できない現状をなかったことにしてしまう。
 
なぜ「できない」というのを自分の気づかないうちに、
遠ざけたり、ないもののようにしてしまっているのだろうか?
 
別に、「できない」という状況を他者から評価される環境にもないし、
誰かと競っている意識もないのに。
 
そう考えたときに、
 「できない」状況は、「気持ち悪い」と思った。
それは自分のリズムが乱され、
スムーズにできない。
自分の体が、「気持ち悪さ」を感じているのだと思った。
 
その「気持ち悪さ」というのは、
ただ、自分のリズムでできないことから生まれることであって、
なんの悪いことでもない。
でも、「気持ち悪い」から自分の意識から離れたところで、
その状況から逃れようとしてしまうのかもしれない。
 
じゃぁ、「できない状況」とどのように向き合っていくのか。
どうしたら、自分の気づかないうちに、自分で遠ざけたり、
ないもののようにしてしまわないのか?と考えると、
その「気持ちわるさ」を感じるということなのかもしれない。
 
僕はこのプリントができなかった期間に、
その気持ちわるさを感じたことはほぼなかった。
 
自分のリズムが乱れている中にいれること。
その気持ち悪い体感覚を味わえることが、
「できない」という状況から離れずにいるためには大切なことなのかもしれない。
 
できない状況というのは、
リズムが刻めない状況にいるわけで、
体が心地よく感じるということはなかなかないのではないかと思う。
 
逆に、自分のリズムで「できる」ときは心地よい。
 
でも、心地いいからといって、
自分のリズムでできることだけやっていたら、
自分の刻めるリズムは、
今と全く変わらない。
 
自分のリズムが刻めなかった状況で、
自分のリズムが刻めるようになったら、
より自分の刻めるリズムはより磨かれていくのだと思った。
 
** ** ** **
 
その、気持ちわるさを感じるには、
「余裕」が必要で、心も体もその気持ちわるさを受け入れられるくらいの、
ちょっとした余裕がないといけない。
 
余裕がなくて、いっぱいいっぱいなのに、
その「できない」という気持ち悪さの中に入っていくこと、
それを味わうということは、かなり難しい。
 
だから、心とからだにいつもちょっとだけ、
気持ち悪さを受け入れるだけの余裕を持っておく。
 
「できない」という状況と向き合うためには、
その「余裕」を持っておくことが必要なんだ。ということが、
改めて腑に落ちた。
 
 

「できない体験」から意味を生み出そうとしないこと

「できない体験」から意味を生み出そうとしないこと
 

仕事と1枚のプリントは全く別のものである。

仕事が忙しいから、プリントができない。
忙しくて時間がなくて、
1日1枚のプリントができない。
 
そんな風に思っている自分がいて、
でも、プリントと仕事は全く別物で、
「できない」ということに対して、
いろいろな事柄をひも付けて、
「できない」意味を生み出している。
 
そして意味を生み出して
できない体験に、決着をつけて安心しようとしている。
 
意味が生まれたところで、
この「できない」という体験はとどまってしまう。
 
1つのできない体験の中に、
そのできない意味はあらゆる角度から、
導き出すことができる。
深めることができる。
 
できないことへの意味づけは、
結局「わかる」(できる)の方向へ
自然と向かってしまっているように思う。
 
だから、できないことの意味なんて生み出そうと、
引き出そうとせず、
今、この自分の本当の事実に目を向けたい。
それは結局、できない自分をただみるということ。