読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまんまたろうのブログ

そのまんまこそ本物だ。自分のそのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

Sonomamma Taro no Blog

そのまんまがあるだけ。そのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

相手にうまく伝わらない、誰ともわかちあえないその気持ちこそが〈自分〉

f:id:taroshio:20170212104311j:plain

 

 相手にうまく伝わらない、というその気持ちこそが〈自分〉なんだと。自分が深まっていくと同時に、伝わらないという気持ちだって、深まっていく。自分の中で思うことと、誰かに伝わることは全く別のことであって、思っていること、伝えたいことを「言葉」として自分の外に出す。その言葉で表現できることも限られていて、時間も限られていて、そんな中でも話さなければいけない。

 

 なんか、そう思うと「うまく伝わらない」ことを受け入れられて、認められて、逆に「うまく伝わったこと」、「共感してもらえたこと」って、とっても小さな希望なのだと思いました。

 

 この本のタイトルが「ひとり」であることの意味が少しわかった気がしました。

 

あなたが「自分はひとりだな」と思うようになったのは、自分以外の誰かを意識するようになったからともいえる。人と比べて自分はどこがどう同じで、どう違うのかをいろいろと考えるようになって、自分のことがだんだん見えてきたからでもある。

だとしたら、相手にうまく伝わらない、誰ともわかちあえないその気持ちこそが〈自分〉じゃないですか。自分でもわけがわからない、もやもやしたその気持ちのなかにこそ、自分自身をもっと深く知るための手がかりが潜んでいる。

(15歳の寺子屋塾 ひとり より引用)