読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまんまたろうのブログ

そのまんまこそ本物だ。自分のそのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

Sonomamma Taro no Blog

そのまんまがあるだけ。そのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

まなゆいを学んで感じたこと。「聴くことと、時間。」

2016.4.27

まなゆいを学んで感じたこと。

聴くことと、時間。


話がながいなー。話がつまらないなーって思う時がある。

そういう時は、誰もが話を聞きながら、

自分の時間軸の中にいて、自分の時間を大切にしている。

だから、つまらん話を聞いている時間を惜しんじゃう。

 

でも、まなゆいしている時は、

自分の時間を忘れてしまう。

そういう時って、相手の話の内容が、

面白いとか、つまらないとか、

タメになるとか、タメにならないとか、

そんなことはまったく関係ない感じがするな。

目の前にいる人がすごく愛おしい。

というか、一緒に同じ時間にいれることが心地良い。

 

時間は命ともいえるな。

だから、つまらん話を長々と聴くことは

自分の命を削られているともとれるし、

辛いに決まっている。

みんな自分の命たいせつだもん。

 

でも、まなゆいしている時の感覚は、

そこに、自分の時間(命)もなくて、

そこには、自分と相手の命(時間)は分かれていないかんじだ なー。

 

自分の時間を超えて、

相手の時間(命)と調和すること、

それが愛なのかもしれないな。

 

まなゆいのあり方はいつもベースにそれがある。

だから、まなゆいをやると愛を感じられる。

みんなの愛に気づける。

だからあったかい気持ちになれる。

 

本当に“聴くこと”は、

自分の時間を忘れること。時空を超えること。

それは、自分の命が相手の命と重なり合うこと。

それを愛っていうのかもしれない♩

まさに、愛結(まなゆい)だ!