読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのまんまたろうのブログ

そのまんまこそ本物だ。自分のそのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

Sonomamma Taro no Blog

そのまんまがあるだけ。そのまんまを、受け入れ、認め、ゆるし、愛しています。

2016.4.8 かぞく

 

僕にはお母さん・お父さんがいます。

同じように、僕のお母さんにもお母さんがいて、お父さんがいて、

僕のお父さんにもお母さんがいて、お父さんがいます。

 

僕が両親を大切に思うように、

僕のお母さんも、お父さんもまた自分の両親を大切に思っていると思います。

 

でも、いろいろな事情があって、

自分の両親とずっと一緒にいれるわけでもないし、

ずっと面倒をみてもらえるわけでもない。

 

みんなが赤ちゃんのときに、

両親がどんな自分も受け入れてくれて、

朝から晩までずーっとおっぱいを飲ませてくれて、

泣いたときは抱っこしてくれて、

そんなようにずっと面倒見てくれた。

 

でも、そんな両親もいつかは歳をとって、

体が思うように動かなくなって、

頭もうまく回らなくなって、

ボケも始まって、

だんだんと、面倒を見てくれていた両親が、

面倒を見なければいけない存在に変わっていきます。

 

してくれたことを、いつかは返すときがくるんだな。

 

それって、かなりかなり辛くて厳しくて、

本当は大切な人なのに、嫌って思ってしまうときもあると思います。

 

でも、たぶん自分が赤ちゃんのとき、

お母ちゃんお父ちゃんも同じだけ苦労して、

自分を育ててくれたのかなって思います。

 

家族って、絶対に切れない関係だからこそ、

その分ものすごく難しいなと思います。

 

僕は自分の両親が好きだし、

おじいちゃん、おばあちゃんも大好きです。

お母ちゃんの兄弟も、

お父さんの兄弟も、みんな好きなので、

みんなが笑顔でいて欲しいなと思います。

 

いつか僕にも家族が増えて、

お互いの家族のことを心から大切にしていきたいと思いました。